今は、支出を見直す時期だと思う

自己改革

真裕ライフクリエイトの小松です。

さて新元号になって
この日本はどう変わっていくのでしょうか?

長引くデフレから脱却し
給料も上がり、消費が活発になる所謂インフレへの突入は
期待できるのでしょうか?

経済の政策も高齢者よりと言っては誤解がありますが
若年層には、それこそ将来の不安がのしかかり
それだけではなく、社会保障負担が重荷のように感じられます。

相対的貧困率が上昇しているなか
こうした次世代の担い手のための政策や
労働環境の整備なども
早めに手を打ってほしいものです。

さてこうした現状を踏まえて
僕たちはどのように生活をしていかなければいけないのかって
かなり重要なんですが
デフレ下においてお金というものは
モノよりも価値があるものです。

デフレとはモノの物価が下がって消費が減少するのですが
反対にお金の価値は上がっている状態ともいえます。

そういう状態なので
価値が上がったお金は、消費するよりも
今は「使わない」という選択が重要だとも言えます。

普段の消費を考えた時
真っ先に考えるのは、固定外の支出だと思いますが
それと同時に
固定費となる出費、いわゆる毎月定額の支払いをしているものを
再度見直すという事もしていかないとだめだと思います。

そのなかでも
生命保険、これを見直す必要はおおいにありますね。
加入当時は子供が小さかったので
万が一の保障は当然大きいものである必要がありますが
子供が成人し、配偶者と二人暮らしというと
万が一の時、配偶者が無理なく生活できる金額だったり
医療保障がメインになってきますので
一度、どのような保険に加入していて

その保険金額が、これからの将来に妥当な金額か?

毎月高額な保険料を支払っていないか?など

確認してみるとよいと思います。

月々2万円の保険料の支払いは
年額にして24万円です。

見直して、月々が1万円ともなれば
年間12万円が手元に残るわけですから
それを元に、貯蓄や投資に回すこともできますね。

また、お金の価値が高い状態だということは
空いた時間をどのようにお金を得るために使うか?
というのも重要になってきます。

投資なども騒がれている中
一番確実的にお金を得る方法は
この状況の中では、労働力の提供だと思います。

不景気の中、人材を探している場所というのは
なんらかの需要があるのでしょうし
継続的な収入が見込めるわけですから
金利の低い預貯金、リスクのある投資に比べると
格段によいと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA