その考えの元はなんでしょうか?

いやぁ
久しぶりに怖い夢を見たので、少し寝る時間をずらし
ブログを書いている次第ですww

こういう怖い夢を見た時に考える事があるんですが
夢でも「引き寄せ」をしてしまうんじゃないか?ってことです。

みなさんご存知だと思いますが
脳は現実と非現実とを区別しませんよね。

非現実な事であっても鮮明に意識している時は
脳は身体に対して、現実のように指示をだします。
夢で、石ころか何かにつまずいてしまって
身体がビクッとする・・あれですね。

夢は、ほとんど自分の意識とは関係なく見るので
ありふれた日常の流れと同じだとは思っているので
こういった夢を見た後、それに意識を集中してしまうことが
同じような状況を引き寄せてしまうんだと考えますけど
怖いものは怖い!!

みなさんも
普段見る夢は、毎回いい夢だと嬉しいですよね。

では
本題に入りましょう。

僕の身近にこんな人がいらっしゃいます。

常に自分がどう見られているかっていうのを
すごく気にするというんでしょうか

それがどこでわかるのかっていうと、発する言葉です。

「私は次からいらない存在かしら?」といった感じの発言がとても多く
場をしきりたいといった思いが感じられる言葉も。

つまり
周りの評価が自分を創っていて
常に気になっているんだなって考えます。

遠回しに言うと、自分が中心だと思って行動しているけれど
本当は自信はない。
その自信をどこで獲得するか、確立するのかっていうと
他人が自分の事をどう思って、どんな事を感じているのかなんですね。

だから本人にしたら
周りってすごく気になるわけです。

聞かないと不安だから
あえてキツイ口調なんかでザックリと探ってくる。

考えが見え見えなので距離を置きたいところなんですが
一応、聞いています。

自分に色んな面で自信がある人っていうと
周囲からどのように見られているかって全然気にしていない
むしろ、自分は自分ということを理解しているから
周りは周りと解釈している。

例えばですけれど
仕事で周囲の評価だけ気にしていたら
仕事を辞めた時、その会社を辞めた時は
ただの人に戻るわけです。

いや、もちろん人生の大半は仕事に費やしているので
その時、どれだけの事を成し遂げたかは重要だと思いますが
それよりは、一個人
一人の人間として、どれだけ立派に生きたか
どれだけ人として徳を積んだかという方が
素晴らしい生き方なんじゃないのかな?なんて思います。

周囲を気にして生きているって
これからもそれが続くのって
生き辛いじゃないですかね。