40歳を超えても、視力が2.0はなぜか?

僕は、小学生の頃にファミリーコンピューターが発売した世代ですから
現在40代です。
その後はPC、スマホが普及して
当然所持して使用していますが
まだまだ視力は2.0と1.5です。

小学生からテレビゲームには夢中で
テレビは至近距離で長時間遊んでいましたから
視力が低下していても不思議ではないんです。

親には「もっと離れてやりなさい」とか
「時間を決めてやりなさい」など
注意を受けながら遊んでいたのを覚えています。

現在でもスマホを使って、よくゲームはしています。
ロールプレイングやパズルゲームは大好物です。

ではなぜ
僕の視力は低下せずに、維持されているんでしょうか?

今、視力低下を防ぐ為に
特に注意しなければならないと言われているのが
画面から発せられる、ブルーライトです。

長時間操作していると
目の疲れや視力低下
最悪は失明もあり得るなどと聞きます。
スマホは便利ではありますが
長時間の操作は、目に良い影響を与えてくれないという事です。

ブルーライトをカットする
画面保護シートも販売されているようなので
目の事を考えたら
貼っておいたほうがよいのでしょうね。

また長時間の操作をした場合は
目の疲労回復に時間が掛かってしまうようなので
1時間などと使用する時間を決めて
15分ほど目を休ませることが必要になってきます。

以前4時間ほどゲームをしていた時は
瞼の裏にポツっとしたできものができて
瞬きするたびに痛くなったのを忘れはしません。
それ以降長時間の操作はしなくなりました。

しかし視力の維持は
それだけではありません。
外に視線をずらして遠くを見たり
睡眠できるときは、とことん寝ます。

僕の生まれたところは
山に囲まれているので
遠くをみると、自然の緑色が目に入ってきます。
この自然の緑色は網膜に刺激を与えません。
つまり目を疲れさせないという事です。

また眠るという事は
目を閉じて、一切の情報を遮断していますから
目に疲労を与えずに、回復をさせていることになります。

いかに目を疲労させずに
スマホやPCと付き合っていくのかを考え
自然の力を借りていく事が
視力を低下させない事ではないでしょうか。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Share on GREE
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA