20%を他人のために

今日は動物のお話しから(笑)

僕は、小さい頃から大の動物好きでして
小学生の頃は「インコ」や「十姉妹」
成人になってからは 犬、猫を飼ってましたから
どれだけ好きか、おわかりいただけるかと思います。

通勤途中に見かける、散歩している犬や
通りすがりの猫をみると
もう、顔の筋肉がゆるくなってひとりでニヤニヤしてます。

今は「銭亀」のケビンを飼育してます。
もう飼育して4年近くになるでしょうかね
当時2cmほどのケビンは、すでに10cmほどの巨体になってます。
どこまで大きくなるんでしょうかね(笑)

■20%を他人のために■
よく、自分の収入の20%は自己投資に使いなさい
そんな言葉は聞いたことがあるんじゃないかとおもいます。
社会人になってからは、勉強する機会ってものが
極端に減少してしまいますからね。
勉強の意味でも 自己投資は必要です。

だからこそ、娯楽にお金を使うのであれば
せめて収入の20%は自分の成長のために使っていきましょうってことです。

本を購入して読むのもよし
ジムへ通って、体を鍛えるのもよし
長所を伸ばすために、関係する事に使うのもいいと思います。

しかし途中でやめてしまったら、ほんともったいないですから
自己投資に着手する前に

「なぜやるのか?」

「どうなりたいのか?」

明確にしたうえで、行動に移していけたらいいと思います。

また 自己投資以外に
他人のために使うこともしてください。

収入の20%を他人へ投資すると考えると
気が重くなってくるかもしれませんが
収入に限らず、一日のうちで
自分が有効に使える時間の20%を他人へ使うのも方法です。

一日の活動時間を8時間としたら、60分×8時間で480分ですから
20%だと96分、 およそ1時間半くらいになりますね。

で、実際に 他人に何をしたら喜んでもらえるか
それを行って、他人、自分ともに プラスになれれば
他人への投資は自分への投資にもなるわけです。

他人へ、何らかの投資をした時って 自分も結局プラスになっているんです。
でも全てがそうなるわけではないので
他人の為に何をすれば、他人も自分もプラスになるのか意識してください。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Share on GREE
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA