行動と二つの要素

今の自分を変えて将来も変えていく
この意気込みはもの凄く必要ですね。

僕たちは知識と(どうやって)、意欲と(なんのために)
継続力で望む事へトライできます。
この3つはとても必要です。

このどれかが欠けると行動が途中で止まってしまいます。
やる気がなくなったとか、挫折した常態ですね。

忙しいから、時間がないからと
「やれない」理由を見つけてしまうこともありますが
これは、不安や心配が大きな原因だと思います。

そのような状態では先へ進むことができず
自己を変えていくことはできません。

このような場合はどうしていけばよいのか?

望む事を毎日意識して、少しの時間でも関わる事が大切です。

■2つの要素■
・視点を変える
・距離を変える

これは、行動している自己を意識して
第三者の視野でも自己を観察するということです。
現状でベストな行動になるように 是非取り入れてほしい要素です。

視点を変えるとは
望む事に向け、行動している自分の常態を
客観的にみる(第三者の視点)ということ。

視点を変えることによって、現在の行動はどんな必要性があるか
適切なのか?という判断ができるわけです。

距離を変えるとは
時間を移動させて、過去に同じ行動をしていなかったか?
その時はどんな結果だったか 現在の行動はどんな結果を意識しているのか?
未来はどうなっていたいかと、時間軸をづらして
行動と結果を意識していくということで
現状の把握にとどまらず、適切な行動ができるわけです。

知識と意欲と継続力
そして視点、距離を変える
1つの行動が、とても意味のあるものに変わってきます。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Share on GREE
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA