未知を知る勉強会にいってきました

先日、長野市のトイーゴで
仏教の勉強会がありましたので
参加してきました。

僕が仏教に興味を示した理由ですが
手塚治虫さんの「ブッダ」は
ご存じでしょうか?

何不自由なく
王家の息子として生まれた
「ゴーダマ・シッダールタ」が
自ら悟りを開き
ブッダと呼ばれるまでの人生を描いた
漫画ですね。

当時
「なぜ生まれたんだろうか」
「人とはなんだろうか」と
疑問を抱いていた僕にとって
共鳴する何かがあったんだと思います。

誰かに教えてもらうんではなく
自分で問うことに意味があり
この勉強会以外にも
スピリチュアルにも関心をしめし
僕なりの答えは見つけました。

ただ
未だ未知な部分があったりしますから
こうして参加させてもらっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新装版ブッダ(全14巻セット) [ 手塚治虫 ]
価格:7061円(税込、送料無料) (2017/3/12時点)

先日の勉強会では
やはりまだ知らない「何か」が存在するという
確信を得ることができ
それを自分なりに探求したいという
気持ちになりました。

セミナーや、講演でもそうですが
聴いてる聴衆が興味を示し

自分にどういった成長が見込めるの?

それって不思議だから
もっと詳しく知りたいといった
ワクワク感がないとダメじゃないかって思います。

僕たちが普段、何気なく使っている
四字熟語にも
仏教由来のモノが多くあります。

因果応報なんてのは
とてもメジャーですね。
どんなモノがあって
どういう意味なのかを調べてみると
面白いかもしれません。

あっ
僕は宗教には興味はありますが
神の教え、神のお告げ的なモノで
この人生が幸せになるとは
思っていないので
自分を高め、自分の人生は
自分で幸せにするしかないと思ってます。

これも
自己改革のベースになっています。



Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Share on GREE
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA