余計な「小さな親切」を回避する方法とは?

他人のために「良かれ」と思った親切心が
裏目にでてしまった経験はないでしょうか?

これをしてあげたら

相手は喜ぶんじゃないか?

助かるんじゃないか?

と思って
あなたは行動しますが
いざ蓋を開けてを見ると
自分の行為は、余計な親切だった。

職場でも
作業の効率を図り、先を読んだつもりが
相手に迷惑をかけていたなんてことも。

あなたからしてみたら
相手を助けたい気持ちで起こした行動が
逆の結果を招いてしまったわけですから
後悔したり、時には怒りの感情を抱いたりして

「もう親切はやめておこう」っていう気持ちになりますね。

では、いったいなぜ「小さな親切事件」が起こるんでしょうか?

人は、自分にプラスになる事であれば
状況や環境が多少悪くても

「助かります」

「ありがとう」

っていう気持ちになりますが

そうでない場合こそが、余計な親切になってきます。

そして
あなたが良かれと思い
とった行動っていうのは
つまり、あなただったらプラスになる行動
であって

他人が、それをプラスと捉えていない場合もあるんです。

つまり
自分にとってのプラスと思われる事と
他人にとってのプラスと思われる事っていうのには
違いがあるわけです。

いわゆる「価値観」ですね。

自分が良かれと思った行動ではなく

「相手は何を求めているのか」

「相手は何をしてもらいたいのか」

ということを考えて行動をしないと
ただ単に、「自分が良いと思った行動」で終わってしまうんです。

「自分」だったらプラスになる事ではなく
何をすると「相手」にプラスになるのかを考え、行動へ移すことが
余計な親切を回避するポイントになってきます。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Share on GREE
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA