他人や環境を変えるのではなく、自分を変えていく

悪い結果が出てしまった時に
自分の選択で得た結果(自己責任)なんですが
外部の環境や、他人のせいにしてしまう時ってありますよね?

「こうなったのは、場所が悪かった」

「あの人があんな行動をしたから」

「あの人が、こんな行動をしてくれていたら」

「もっと好条件な環境だったら、うまくいったのに」

自分の中で良い結果が想定できていて
プランも出来上がっていますから
「良い結果が出る」という自信と
期待が大きいんですよね。

期待が大きい反面
望んでいた結果が出なかった時は
自分で自信をなくして
自分の期待を裏切る事になってしまいます。

プランも完璧で
それに沿った行動をしたわけですから
自分に落ち度は無く
自身を責めるわけにはいかないという
心理的な作用が働くのでしょう。

人間は
失敗した理由を、どこかに見つけたいので
自分自身に非がないとわかると
当然、外部に理由を見つけようとします。

しかし
他人や環境を変えることは、難しいことだと理解してください。

自然や時間に関係する事などは、とうてい人間の力で
どうすることもできないモノです。

では、他人なら変えることができるのか?

結論から言えば、他人も変えることができません。
その人に「変ろう」とする意志がない限りは
周りがどうこう言っても、変わりません。

逆に本人は、自分が正しいと思っていることに意見されるわけですから
反発し、抵抗するでしょう。

環境や他人を変えることは、とても困難だということです。

では何を変えていけばいいのでしょうか?

それは、自分自身です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絶対達成マインドのつくり方 [ 横山信弘 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/2/26時点)

 

自分で変えられる事と、変えられない事を理解して
変えられる事に集中しないといけません。

変える事が困難な、他人や環境を変えようとせず
自分自身を変えていかないとダメなんですね。

 

変えようと思えば、変わる気持ちがあれば
いつでも変われると思うんです。

変わる自分が恥ずかしい時もあるし
今までの自分が「本当の自分」で、居心地もいいから
抵抗もあったりしますが
そういった障害を取り除いていかないと
自分の「枠」って、一生そのままで
広がっていかないんです。

成功している人や、毎日を幸せそうに生きている人って
いつでもこの自分の「枠」を広げようとしています。
多くの知識を取り入れ、より多くの選択肢を持ちます。

そして色んな人がいるから、色んな考え方があることも理解し
その考え方を聴き、吸収していきます。

変えられない事に無駄な労力を使わず
変えられる事に時間と労力を使っていきませんか?



Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Share on GREE
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA