人は変わる

自己改革の基本は、自らが変化していく事にあり
外部環境は、自分の都合で変える事が難しいということです。

しかし 自らが変化を起こしていくと
それに応じて外部環境も変化していきます。
外部環境の相手が人であれば
1年から2年で、相手に変化がみられます。

人との関係において1番大切なのは
「信頼」と「信用」
この両者が、相手との中で蓄積され、築きあげられる為には
最低でも1年かかるということになるわけです。

つまり「信用」と「信頼」は
一日、数週間などの短期間で構築できないということですね。

この1年、2年の間に
お互いの中で、どういう人間なのか
誠実な人間であるのか、自立した人間であるのか
自己責任を理解しているのかなど、経験を通して洞察していきます。

時には忍耐も必要とされますが
それも「信用」「信頼」のベースになっていることを
理解していかなければなりません。

変化するためには
変化自体を受け入れなければ、自己改革は望めません。
そして、短期間で結果を出そうとせず
少なくとも年単位で捉えていく 長期的な視野も必要となります。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Share on GREE
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA