上に立つ人のタイプには、二つのパターンがある

あなたが人の上に立つ立場であれば
いつ、どんな時でも
相応の責任が付いてきますが

それは、あなたの決断によって左右される
大きな事項があるからです。
それは顧客からの信頼であったり
会社の利益だったりすると思いますが

その場に応じた
適切な判断が試されてくるという事です。

これは当然ながら
会社の重役、役員、役職にとどまらず
会社のトップでも言えることですね。

多くの社員を抱えているということは
すなわち
その社員の生活も抱えているということです。

判断の結果によりますが
最悪の場合は
社員の生活にさえ影響を及ぼしかねません。


☆スキマ時間、自分磨きしてみませんか?通信講座のキャリアカレッジジャパン☆

◎【全80講座以上】選べる豊富な資格!Webからの受講お申込みで1万円割引♪
◎忙しいあなたでも大丈夫、1日15分~の学習で本格的な資格がとれる♪
◎合格後の就・転職や開業サポート充実 、資格取得後も全面バックアップ♪
「なりたい」に直結する、そんな通信講座といえば<キャリアカレッジジャパン>
詳しい内容はこちら


僕は多くの経営者の方とお会いし
直接お酒を飲んで話しをしていくなかで
二つのタイプがあることに気が付きました。

それは
社員(スタッフ)を抱えていることを前提に判断を下すタイプと
もう一つは
自分の金儲けだけを考えて判断を下すタイプです。

今日は後者に的を絞り、お話しを進めていきたいと思います。

残念ながら
後者の「自分の私利私欲」の事しか考えていないトップは
かなりいます。

その理由は
社員(スタッフ)が定着しないことから
伺えるのではないでしょうか?

これは
もよりのコンビニエンスストアや
職業安定所の求人情報から読み取れます。

毎回募集をかけている会社や
いざ面接をして話を聞いてみると、内容が違っているなどから
この会社は社員(スタッフ)を大切にしてくれないだろうと
憶測できるわけです。
いわゆるブラック企業。

こういった会社のトップに見られる行動は
自己の世間的(顧客からの自分に対する評価や信頼)だけであり
その会社自体の信頼や評価は、皆無といってもいいかもしれません。

そして更には
トップの発言が毎回変わるので
社員(スタッフ)は何をしていいのか
何をしなければならないのかが、わからないという状況で労働しています。

その背景には
社員より、自分にとってどうすれば有利なのかといった
私利私欲があるからです。

どうでしょうか?

あなたもこのような会社を
一つや二つ、ご存知ではないでしょうか?

このような会社であれば
当然、社員は離れていきますが
トップは、それを気にするどころか
まるで自分を悲劇のヒロインのように表現し
個人的な信頼や信用を得るように行動していきます。

会社というものは、そもそも
社会貢献しながら
自社を潤していくといったサイクルが必要かと思いますが
ここ数年は
将来の不安を払拭するが為に
自己だけ潤えばいいといったトップがいるように感じます。

資本主義経済は
資産を所持する人が労働者を使用して利益を出していくものですが
これが資本者のみの為であれば
憤りを感じますね。

人はだれもが
幸せになる権利を有しているいます。

自分の奥に眠っている価値観を生かして
人生を謳歌していってください。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Share on GREE
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA