ハインリッヒの法則

交通安全機関や、その他労働災害などで
よく登場するものに
「ハインリッヒの法則」というものがあります。

network7b

これはピラミッドの頂点を
1件の重大事故とした場合に
その背景には
ピラミッド中段の軽微な事故が29件潜んでいて
さらに
300件のヒヤリとする事故が潜んでいるという法則です。

例えば
自転車の転倒事故が起きたと仮定した場合は
その背景に、それにつながるヒヤリとする事故が300件起きていて
そのヒヤリ事故を防いでいれば、転倒事故は発生しないという解釈ができます。

一連の重大事故にも
29件の軽微な事故が隠れていて
300件のヒヤリ事故があり
ピラミッドの底辺から防いでいくことで
重大事故を防げるといったことが言えます。

日常から小さな問題点を意識し
選択、行動を改善することで
問題を防止していくということは
人生においても、同じ事が言えるわけです。

些細だと思われる事象を改善せずに
日常生活を送っていると
最終的に大きな問題となって顕現してきます。

選択、行動を変え
些細な問題を予防していくことで
人生の大きな問題を防ぐことができます。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Share on GREE
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA