どうなりたいかという「ビジョン」を明確にしていく

将来、自分がどうなっていたいのか
はっきりとした「ビジョン」は持っていますか?

自己改革は自分を変えていくことですが
「こうなっていたい」という明確な「ビジョン」が無いと
今の自分を、どう変えていけばよいのか
わかりませんよね?

「ビジョン」を明確にすることで
今の自分を、どう変化させていけばよいのか
はっきりしてくるんです。

例えば
将来「優しくて、温厚な父親」になりたい場合
45歳くらいで、少しひげを生やしてみて
いかにも真面目そうな眼鏡をかけ
家族に対していつも寛大で、いつでも聞き役に回る。
子供や、奥さんには常に笑顔で
食事の時には明るい会話が絶えない。

どうでしょうか?
ここまでビジョンがはっきりしていれば
これから、毎日笑顔でいようとか
どんな人の話しも、聞き役に徹しようとか
温厚なイメージな人間になるため
話し方を柔らかくしていこうとか

今の自分の変えていく所っていうのが、はっきりしてきますね。

ビジョンをより明確にしていくことで
これから変えていく事が、具体的に理解できるようになります。



また
このビジョンがより意識できるように
いつでもビジョンが見れるような環境をつくる事も大切です。

例えばですけれど
いつも携帯しているスマホの待ち受け画面を
ビジョンと近い人物にしてみるとか

手帳やノートのよく開くページに書き留めておくとかですね。

こういった「いつでも確認」できる状態っていうのは
「いつでも意識している」状態になるわけですから
行動に反映されやすくなってきます。

あなたは将来の「ビジョン」、明確になっていますか?

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Share on GREE
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA