あなたの「目つき」から発せられる”力”は、どこに向けられていますか?

「目的」だったり「夢」に向かって
一歩ずつでも、頑張って進んでいる姿というのは
とても楽しいそうでいて、輝いて見えますよね。

こういう人達っていうのは
もう「目つき」や「存在感」が違います。

一種の「なんでもこい!」みたいな気迫っていうんでしょうか

以前、起業家さんが集まる
「社長のためのセミナー」へ参加させてもらいましたが
一見、20代と思われる男性の方もいらっしゃいました。
目を合わせるのが怖くなるほどの気迫を感じたのを
覚えています。

目的や夢が明確になっていて
一歩ずつ前進していると
「風格」も、自然と当たり前のようについてくるんでしょうね。

逆に
将来どうでもいいって感じで
毎日を自分勝手に、楽に過ごす事を考えている人って
こちらも「目つき」が違うんですよね。

疑いだったり、怯えていたりっていうのが見て取れます。

この2つの例だったら
あなたはどちらの「目つき」の人間になりたいですか?

どちらも
ある種の「力」を発しているんですが
その力の向かうべき方向が、まるで違う事は理解できると思います。

自分の幸せな将来へ向けられているのか

または、信用のできない相手へ向けられているのか。

この目の話しは
大きく言ってしまえば、人相みたいなモノで
目は、その中の一部でありながら
他人と接した時には、一番注目をされる部分です。

目を見るだけで、あなたの印象は
180度変わってしまうってことにもなります。

他人に
「この人は怖いな、嫌だな」と思われるよりも

「この人はできるな、気迫が感じられるな」って思われたほうが
人も集まってきますし、最終的には頼られる存在にもなります。

普段、あまり意識しない事ですが
家庭や職場で
自分がどんな「目つき」でいるんだろう?って
一度意識してみる必要がありそうですね。



Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Share on GREE
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA